クラシニティがフィリピン人
ハウスキーパーを起用する理由

スタッフ全員がハウスキーピングの
国家資格を取得

  • Global Standard of OMOTENASHI
    世界基準のおもてなし

    日本人と同じような「おもてなしの心」を持つ国フィリピンは、世界的に高いクオリティのハウスキーパーを輩出しています。「おもてなし精神」と「経験豊富なスキル」を兼ね備え、世界で活躍できる語学力を持ち、日本で求められる高いサービスクオリティに応えられる人材こそ「フィリピン人ハウスキーパー」だとパソナは考えます。
    • おもてなしの心フィリピンホスピタリティ
    • 高いお掃除スキル
    • 流暢な英語
  • Global Training and Staffing
    Services Company
    世界基準の研修

    日本の家事スキルに対応したフィリピン人ハウスキーパー

    全員がフィリピンにおけるハウスキーピングの国家資格を持ち、日本での生活、就業を目標に設計された400時間のハウスキーピング研修プログラムを履修しています。日本で安心して活躍できるよう、パソナの社員として住居や生活を全面的にサポートしています。

フィリピン財閥大手マグサイサイ社のグループ会社。ハウスキーパーをはじめ、接客、観光、シェフ、船舶要員、物流など幅広い職種の教育研修と人材サービスを世界各国で65年以上に渡り展開しています。特にハウスキーパーの分野では、研修機関(「Magsaysay Center for Hospitality and Culinary Arts」)にてこれまで専門スタッフ5,500人を育成し、世界で活躍するハウスキーパーのグローバルスタンダードな研修カリキュラムを提供しています。

ページトップへ戻る