KURASHINITY クラシニティ PASONA

English PASONA

キャンピングカーでラグジュアリーな親子旅を

『キャンピングカーでラグジュアリーな親子旅を』

今年の親子旅は、キャンピングカーで湖畔キャンプをしたり、海辺を走ったり。子どもと思い出に残る時間が過ごせたらすてきですね。昨今のキャンプ人気の後押しを受けてキャンピングカー人気も高まり、さまざまなタイプの車が出現しています。行き先や家族の趣向にあわせてセレクトして、親子でラグジュアリーな時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

目次

あなたは、どのタイプのキャンピングカー?

寝泊まりできる設備を持っている、キャンピングカー。その形状は多岐に渡ります。そこでキャンピングカーの種類をご紹介。ご家族が楽しめそうなキャンピングカーは、どのタイプでしょうか?

軽キャンパー

軽キャンパーは、軽自動車や軽トラックをベースにつくられたキャンピングカーです。車体がコンパクトなので運転がしやすく、日常使いもしやすいでしょう。しかし限られた装備しか設置できないため、家族みんなで過ごすラグジュアリーな旅と考えると、狭く感じてしまう可能性もあります。

バンコン(バンコンバージョン)

トヨタ「ハイエース」や日産「キャラバン」クラスの車を改造したキャンピングカー。立体駐車場(高さ上限2.1m)に停められる機種が多く、普段使いしやすいのが特徴です。普段は家族で「ちょい乗り」を楽しみ、長期休暇時はキャンピングカーとしてのんびり過ごす……なんて使い方もお手のものです。「あまりに大きいキャンピングカーでは運転しにくそう」という人は、このバンコンがおすすめです。

キャブコン(キャブコンバージョン)

キャブコン(キャブコンバージョン)

キャブコンは、貨物トラックの貨物空間を取り除いて住居スペースを載せたキャンピングカーです。キャンピングカーといえば、このタイプを想像する方が多いのではないでしょうか。運転室の上にある就寝スペース「バンクベッド」のほか、フロントバンクと呼ばれる就寝スペース付きのものも多く、ゆったりとくつろげます。車内を立って歩けるため、快適に過ごせるでしょう。

バスコン(バスコンバージョン)

キャブコンのさらに上のカテゴリには、バスコン(バスコンバージョン)があります。
バスコンは、マイクロバスや大型バスをベースに内装を改造したキャンピングカーのことです。広いがゆえ車体が長くなるため旅先の駐車スペースは要チェックです!
また、「バス」が基本ベースなので、運転に慣れが必要です。

フルコン(フルコンバージョン)

フルコンは、専用のシャーシ(自動車のベース部分)をもとに、一からつくられたキャンピングカーの最高峰。移動・停車中ともに快適性を備えた設計となっているため、長距離移動も心地よく過ごせるでしょう。ただしその分、価格も高価となります。

フルコン(フルコンバージョン)

バスコン、フルコンクラスになると、ラグジュアリーな車が充実しています。各サイトを見ているだけでも楽しい気持ちになりますよ!

キャンピングカーで何をする?

親子旅でキャンピングカーをレンタルもしくは所有して出かけたら、どのような旅が楽しめるのでしょうか?

車内でのんびり過ごす

車種によっては運転席を回転させて、リビングスペースでくつろぐ家族と一緒に、のんびり過ごすこともできます。椅子がワイドなソファータイプの車種を選べば、ちょっと横になりたいときもすぐに叶うので、乗用車と比べるとのんびり度も高めに過ごせるでしょう。

車内でのんびり過ごす

手軽に親子キャンプを楽しむ

海でも川でも、湖でも。お出かけした場所で気軽にキャンプが楽しめるのも、キャンピングカーのいいところ。しかも大型テントを設営しなくても、最低限のキャンプ道具があればOK。悪天候になったらすぐに車に逃げ込めるうえ、撤収も速やかにできます。キャンプの設営・撤収時間を短縮し、節約した時間を子どもとの時間に回せますよ!

小さな子どもやペットとも旅ができる

小さな子どもやペットがいると、長旅はしにくいもの。しかしキャンピングカーがあれば、多少賑やかでも電車や飛行機ほど、周囲に気を遣わずに済みます。目的地ごとに、ペットと泊まれる宿を探して予約をする必要もなし。気ままに遊んで、車内で寝るという旅そのものを満喫できるんです。

アウトドア時の基地になる

子どもと一緒の趣味が楽しめたらすてきですよね。たとえば、パパと子どもで釣りの旅に出かけたり、ママと子どもで星空を眺める旅に出かけたり。「家」のように使えるキャンピングカーがあれば、その場所がアウトドア時の基地になります。
きっと旅先でも、家のような基地があれば、安心して楽しめるはず。時間を気にせずに、子どもや自然と対峙しながら過ごせるのも魅力です。

移動オフィスになる

キャンピングカーではACコンセントを使ってパソコンやタブレットの充電も可能なので、旅先での急な仕事もサッと対応。安心して思い切り遊べる車です。

超豪華キャンピングカー

超豪華キャンピングカー

ラグジュアリーなときが過ごせる、キャンピングカー。国内のキャンピングカーの多くは日本の道路事情を考慮したサイズ感の車が多いですが、それでは物足りない! という方は、輸入キャンピングカーのレンタルショップもあるので、チェックしてみるといいでしょう。

また海外では、セレブ向けの超ラグジュアリーキャンピングカーも多数出ていて、まさにそのラグジュアリーさは、天井知らず。とても目の保養になりますよ。
たとえば車内にガレージが付いたキャンピングカーをはじめ、ジャグジーやエアポート付きのもの、さらに動くホテルのような仕様の3億円キャンピングカーなど。暮らしを一変させる夢あふれるラグジュアリーカーに息をのむはず。日本にもラグジュアリーな輸入キャンピングカーは入ってきているのでチェックしてみると、より具体的な旅の景色が見えてきそうです。また全国各地で、キャンピングカーのイベントが開催されています。さまざまなタイプのキャンピングカーが集合するので、気になる方は要チェックしてみてはいかがでしょうか。

すてきな時間をお過ごしください

すてきな時間をお過ごしください

キャンピングカーでの親子旅は、きっと子どもにとっても非日常が味わえる贅沢な時間になるはずです。ただ、夢のような時間から帰宅し現実に戻っても、やり残した家事が残っていては、気持ちが萎えてしまいがちです。帰宅するとすでに自宅のお風呂がピカピカになっていたりしたら、ラグジュアリーな気分のまま過ごせそうですね。

そこでおすすめなのが、帰宅日に合わせて家事代行を頼んでおくことです。親子旅の思い出を保ちつつ、日常を迎えることができるはず。

パソナが運営するクラシニティでは、現在約2,000倍の倍率の中から選ばれた優秀なスタッフが勤務。不在時に鍵を預けても安心な、質の高いスタッフが集まっています。

もし人に鍵を預けることに抵抗のある方は、帰宅翌日に家事代行を予約しておくのも手です。それだけでも疲れた体を癒やす時間が取れるはずです。

初回お試しサービスも展開しているので、家事代行サービス「クラシニティ」の使いやすさ、質の高いサービスを体験し、親子で夢のある時間を過ごしてください。

Writer 夏野久万

ライフスタイル系コラムニスト。
暮らしのことからビジネスの話題まで、幅広く手掛けるフリーライター。冊子やパンフレット、新聞、ウェブなど、あらゆるものに対応可能。おいしいもの、かわいいもの、路地裏、建物を見る、車の運転などが好きです。小学生から高校生までいる4児の母。しあわせな気持ちになれる記事を届けていきたいです!

あわせて読みたい

クラシニティTopページ お役立ちコラム一覧