KURASHINITY クラシニティ PASONA

English PASONA

初心者でも大丈夫!まずはここから「オーガニックライフ」の始め方

初心者でも大丈夫!まずはここから「オーガニックライフ」の始め方

オーガニックと聞くと、「ナチュラルで自然な」「体に負担がなく安全」などとイメージできます。美容や健康に対する意識の高い人々から愛されるオーガニック。初心者でも始めやすいオーガニック生活の始め方について解説しています。

目次

オーガニックの定義は?

オーガニックは、日本語では「有機」という意味を指すことが多いですが、化学物質や農薬を使わずに自然の恵みを活かして製造されたもの、もしくは栽培されたものをオーガニックと呼びます。

元々は野菜や果物の栽培方法について用いられるイメージが強かったオーガニックですが、最近ではコスメや衣類など衣食住に関わる幅広い分野に広がってきています。有機原料からつくられたコスメや衣類であれば、オーガニックと表示することが可能です。

ただし、特定の製品をオーガニックと名乗るためには、第三者機関による有機認証を受けなければなりません。

オーガニックの基準は各国が定めた法律によって異なります。日本では農産物については有機JAS制度で有機農産物と定められた基準を満たしたものだけが、有機JASマークを付けることが可能です。コスメにおいては、日本オーガニックコスメ協会「JOCA」の認証機関がオーガニックコスメを推進する活動を行っています。

オーガニックを生活に取り入れるメリットって?デメリットはある?

これからオーガニックを生活に取り入れることを検討している方は、オーガニックのメリットとデメリットを知っておきましょう。まずはメリットから紹介します。

オーガニック生活をおこなうメリット

オーガニック生活をおこなうメリット

オーガニックの製品は、薬品などの化学物質が使われていないので安心度が高いのがメリットです。

食品であれば、市場に出回っているものについては残留農薬、食品添加物、遺伝子組み換え技術の影響などが懸念されています。しかし、オーガニック食品には、それらの影響による心配がほとんどないため、安心して食べられる点は大きなメリットといえるでしょう。

また、化学肥料を使用せずに自然の恵みに頼って栽培された食品は、その素材がもつ本来の味を楽しめます。食材そのものの美味しさを十分に堪能したい理由から、オーガニックを好む人がいるほどです。

コスメについても、オーガニックコスメは化学薬品を使用せずに作ってあるものが多いので、肌にも優しく安心して使えます。また、オーガニックのスキンケア用品には自然由来の成分が入っており、肌が本来もつ力を発揮できるようサポートする作用があります。使う度に肌そのものの機能が高まるのもメリットといえるでしょう。

オーガニック製品のそのほかのメリットとして、環境に良いという点も挙げられます。化学肥料や農薬を使用すると、害虫だけでなく肥沃な土壌に欠かせない微生物にもダメージを与えるほか、川や海の汚染につながると指摘されています。
その点、オーガニックでは化学肥料や農薬を使用せずに栽培するので、環境に優しく社会貢献ができるのです。

オーガニック生活をおこなうデメリット

オーガニックで栽培された野菜や果物は、素材そのものの味が楽しめる一方で、中にはあまり美味しくないと感じるものもあります。化学肥料を使用しないので栄養が不十分になることもあり、日照や収穫後の保管方法などの違いによって味にばらつきが出ることが理由です。そのため、オーガニックだから美味しいとはいえないこともある点は心に留めておきたいものです。

また、オーガニックは化学薬品に頼らないので、費用がかさむこともあります。有機肥料を作るには手間や時間がかかりますし、農薬を使わずに栽培することは害虫などのリスクがともなうので、そのための対策を講じなければなりません。一般的な栽培方法と比較すると手間がかかり、人件費もかさむことから、商品そのものの価格も高めになります。

オーガニック製品のほかのデメリットとして、長期保存が難しい点も挙げられます。オーガニック食品は、保存料や酸化防止剤などを使用せずに作られているので、長期間の保存ができません。一度に買い込んでも、家族が少なければ消費することができず、無駄にしてしまうことも起こり得ます。

オーガニックコスメについても同様で、使用期限が短いことが多い点を覚えておきましょう。

オーガニック生活がおすすめの理由

オーガニックを生活に取り入れることで、暮らしがどのように変わるのでしょうか。オーガニック生活を送るのがおすすめといえる理由を紹介します。

オーガニック製品を使って自分に優しくすることで生活の質が上がる

数ある製品の中から安心・安全性が高いオーガニックを選ぶということは、それだけ自分を大切にできているということ。自然由来のものに意識を向けることで丁寧な生活をおくることができるのです。

しかし、オーガニックへの関心が高まってきているとはいえ、お店によってはオーガニック製品を取り扱っていないところもあるでしょう。そのため、オーガニック製品を入手するためにはお店探しからスタートしなければならないこともあります。

また、お店で入手できるものが限られているために、場合によってはオーガニックを取り扱っている通販や宅配サービスなどを利用する必要もあるかもしれません。

このようにオーガニック製品を入手するためには時間や手間が求められます。それでも利便性や安さを追及するのではなく、安心できるオーガニック製品にこだわるのは、それだけ丁寧な暮らしをしているということ。丁寧な暮らしをおくることで、自分にとっての心地よい暮らしのあり方を発見できることもあるでしょう。それを続けることで、生活の質が上がり、ゆとりある暮らしに少しずつ近づいていけるのではないでしょうか。

環境保全にも良いことから社会に役立っていると感じられる

環境保全にも良いことから社会に役立っていると感じられる

オーガニックは、人だけではなく環境にも優しいのが特長です。実際、オーガニックの主な目的は、環境に負荷をかけずに健全な食物連鎖を目指すことです。

地球の温暖化や大気汚染などの問題が深刻化していることから、環境保全のための取り組みが世界中でおこなわれています。個人でできることには、エコバッグを使う、ゴミを分別して捨てる、省エネを心がけるといったことが挙げられますが、オーガニックを選ぶこともそのひとつといえるでしょう。

オーガニック製品は、化学物質や農薬などを用いずに栽培、製造しているので、水や土壌の汚染、また大気汚染から環境を守ることができます。

そのため、オーガニック製品にこだわることで、自分だけではなく環境にも優しくできていると感じることができます。

初心者でも取り入れやすいオーガニックとは?

オーガニック生活をスタートしたいけれど、何から始めたら良いのかわからない…。そんな方もいるのではないでしょうか。

衣食住にまつわるありとあらゆるものをすべてオーガニックに変えてしまうのはハードルが高いので、できることから少しずつ変えていくのがおすすめです。初心者でも取り入れやすいオーガニックを紹介しますので、できることから始めてみてください。

オーガニックの食品や調味料

毎日の食事からオーガニックを取り入れてみましょう。自然の恵みのみを活かして栽培された野菜や果物を選ぶと、体に良いものを取り入れているという実感が湧き、オーガニックへのこだわりが強まります。また、お馴染みの野菜でも、「本来はこんな味がするんだ」などと感動することもあるでしょう。

野菜や果物に慣れてきたら、小麦粉やパスタ、米、肉類、牛乳などの加工食品などあらゆる食材をオーガニックにしてみることができます。すべてを変えるのが難しければ、小麦粉だけはオーガニックにしてみる、加工食品はオーガニックを選ぶなど自分なりのルールを決めてみても良いでしょう。無理せず、できることから始めてみてください。

人によっては、「できるだけ多くのものをオーガニックでそろえたい」という方もいるかもしれません。そんな方は、塩や砂糖、味噌、醤油、食用油などの調味料もオーガニックでそろえてみることができるでしょう。また、コーヒーやお茶、ジュースなどの飲み物もオーガニック製品のものがあるので、好みのものを選んでみるようおすすめします。

オーガニックコスメ

オーガニックコスメ

毎日使用する化粧品をオーガニックのものでそろえることができます。

最近はオーガニックの専門店や、オーガニックコスメを取り扱っている通販サイトなども数多くあります。そのため、スキンケアからメイクアップ、ヘアケアまでオーガニックでそろえることが可能です。気になるものから少しずつ使ってみてはいかがでしょうか。

オーガニックコスメを選ぶときの注意点は、日本ではオーガニックコスメの定義が法律で明確にされていないので、製品によってこだわりが大きく異なるという点です。

オーガニックコスメについては、現在の日本の法律ではオーガニック成分が少量でも配合されていれば「オーガニック」と名乗ることができます。

そのため、品質の良いオーガニックコスメを使いたいなら、成分表などをチェックして、肌や髪に負担となる成分が入っていないか確認する必要があります。また、日本オーガニックコスメ協会「JOCA」によるJOCA推奨品マークが付いたアイテムを選ぶのもひとつの方法です。

一方、海外ではオーガニックコスメの基準が明確にされている国が多く、オーガニックコスメと表示するためには専門の認証機関によって認められなければなりません。高品質のオーガニックコスメにこだわるなら、海外のオーガニックコスメ認証機関で認められた製品を選ぶのもおすすめです。

海外の主なオーガニックの認証機関を紹介しますので、オーガニックコスメ選びの参考にしてみてください。

認証機関
NaTrue(ネイトゥルー) EU
ECOCERT(エコサート) フランス
ACO(アコ) オーストラリア
USDA アメリカ
BRIH ドイツ
ICEA(イチェア) イタリア
SoilAssociation(ソイル・アソシエーション) イギリス

高品質なオーガニックコスメでも、自分の肌や髪に合うとは限りません。オーガニックコスメを選ぶときは品質にこだわることも大切ですが、実際に使ってみて使い心地などでも満足できるものを選ぶようにしましょう。

また、スキンケアだけをオーガニックにする、メイクアップアイテムの一部をオーガニックにするというように、コスメの一部のみオーガニックを取り入れることもできます。

オーガニックコットンの服

オーガニックコットンの服

毎日身につける衣服にオーガニックを取り入れることもできるでしょう。肌触りの良いオーガニックコットンの服は、肌に優しく着心地が良いので身につけるだけで1日を幸せな気持ちで過ごせます。

一般的なコットンの原料である綿花は、化学物質や農薬を使って栽培されていますが、オーガニックコットンの原料である綿花は有機栽培で育てられています。自分に優しいだけでなく、地球環境にも優しいのが特徴です。

下着やTシャツなどの衣類や肌に直接触れるタオルやシーツ、ベッドカバーなどをオーガニックコットンでそろえてみることができるでしょう。

すべてをオーガニックコットンにするのは難しいので、できるものから取り入れてみるのがおすすめです。

オーガニックの良さを理解してオーガニックライフを始めてみよう!

オーガニックを生活に取り入れると、自分にも地球にも優しくすることができます。オーガニックのメリットとデメリットを知って、ぜひ生活に取り入れてみましょう。

オーガニック製品を取り入れることで、自然を意識した生活になり、丁寧な暮らしを始める一歩になります。毎日使うものから意識すると始めやすいので、食事やコスメ、衣類などできることから取り入れてみましょう。

とはいえ、オーガニックな暮らしを送るためには、手間や時間がかかります。そのため時間がない方は、日頃のお掃除を家事代行サービスに依頼してみてはいかがでしょうか。

クラシニティの家事代行サービスは、共働き世帯などの忙しいご家庭をサポートし、家事負担の軽減に貢献しています。

掃除スキルはもちろん、ホスピタリティ・日本文化・コミュニケーションの観点で600時間のトレーニングを受けた優秀なスタッフが質の高い安定したサービスの提供を行います。
まずは初回お試しサービスで、クラシニティならではのホスピタリティの高いサービスを実感してみてください。

Writer 茅原あずさ

フリーライター。情報収集が大好きで美容や健康などを中心に幅広い分野の記事執筆を手掛けている。趣味は海外旅行、ミュージカル鑑賞。本サイトでは暮らしの便利情報などについて執筆。

あわせて読みたい

クラシニティTopページ お役立ちコラム一覧